そのへん、なんかテキトーに。

独立開業1年目の新人司法書士。業務を通じて感じたことを書いてます。

資格試験合格後の自分は

独立開業してから3か月。最初の月に「仕事ゼロ・収入ゼロ」を経験してしまい、かなり焦っていましたが、ここにきて、徐々に仕事をいただけるようになってきました。ありがたいことです。お仕事をさせていただいた皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。より一層の努力で、皆さまのお役に立てる司法書士になってまいります。


最近は、同業者の先輩たちとお話をさせていただく機会を多く持たせていただいてます。研修会の場であったり、お酒の席であったり。とにかく多くの方に自分を知っていただきたい、名前を憶えていただきたいという思いでやらせていただいてます。できることは全部やる、できないことでもやる気があれば何とかなる、という気持ちでやってます。お声がけいただく機会も少しずつ増えました。まだまだやれます。頑張ります。


さて、司法書士試験本番まであと数日。来週の今頃は、受験した人たちの明暗がはっきりしているころだと思います。合格を確信できた人、残念ながら不合格を確信してしまった人、その他大勢のどちらかわからない人。受験生の皆さん、悔いの残らないように頑張ってください。特にベテラン受験生の方、今年で最後のはずです、頑張りましょう。他人は関係ありません。自分の力を100パーセント出せばいいんです。120パーセントは必要ありません。合格できない人は、自分の力のすべてを出せずに落ちてるんです。


合格した年、ボクは司法書士試験ブログをよく見てました。講師の先生のものや、同じ受験生が書いていたもの、特に超短期合格された先生のブログはいつもいつも勇気づけられるものでした。合格してほしいと心底思っている方が応援してくれている、と感じられることで、ボク自身も前向きになれたと思います。受験生の皆さん、あなたの周りには、あなたを応援してくれている方が大勢います。ボクもその一人です。一人で戦っているわけじゃありません。合格して、司法書士になって、是非自分のやりたい仕事をやってください。


かつてのベテラン受験生として皆さんに言いたいことがもう一つ。折りたたみ傘を忘れずにカバンに入れておいてください。例年、試験当日は雨が降ります。午前中は晴れていても、帰りが雨という年が多かったと思います。特に受験会場が駅から遠い地域の方はご注意ください。